原点に帰る④ 紙の辞典はすごいぞ!

最近は電子辞典が大盛況です。 わたしもその恩恵に浴しています。 ところが、先日、長年愛用していた電子辞書が壊れてしまいました。 あわててお店に持っていっても、「修理不能」といわれてしまい、やむなく、新しい機種を購入することにしました。 その間、昔ながらの辞典を使っていたのですが、二つの驚きに遭遇しました。 ひとつは、紙の辞典が引きづらくなっているこ…

続きを読む

単語クイズ(a ではじまる8単語)(解答)

単語クイズ(Aではじまる8単語)こたえ1.動物の身体の主要部分。胸と足の間。= abdomen は「腹部」です。   contract the abdomen 「腹を凹ませる」 expand the abdomen  「腹を膨らませる」2.特にオーストラリアの、昔からの土地に住み続けてきた、一族、グループの一員。  原住民、土着民。    aborigine = アボリジニ = オーストラリア先住…

続きを読む

英英辞典への招待⑩

英英辞典への招待⑩もう一冊、おすすめの辞典がこれ。The General Basic English Dictionary. 日本では「ベーシック英語辞典」というようなタイトルで出版されていたはずです。こちらも現在、入手可能かどうかよくわかりません。みなさんは、ベーシックイングリッシュをご存知でしょうか。オグデン・リチャーズというひとが作り出した850語で、あらゆることを説明する、という人工言語で…

続きを読む

英英辞典への招待⑨

英英辞典への招待⑨現在、手に入るかどうかわかりませんが、興味深い英英辞典を二つ紹介しておきます。ひとつは、松本亨先生による英英辞典で、ジャパンタイムズ社が、昔だしていました。(こちらは現在は絶版だと思います)ジュニア英英辞典。日本人の英語の初心者のために、日本人によって、編纂された英英辞典。松本先生のまえがきによれば、Japan を普通の英英辞典なら、an island empire off Ea…

続きを読む

英英辞典への招待⑧

英英辞典への招待⑧わたしのばあい、英英辞典への切り替えは、松本先生の学校での荒療治でした。とにかく、英英以外は使ってはいけない。ただ、普通の学生生活をしていくうえではこれはつらいです。実際、わたしが英英を引いて、なんとか意味が取れるようになるまでに3か月くらいかかりました。もちろん、わかるものあり、わからないものありですが、おおむね、理解して、説明できる、という状態ですね。みなさんには、参考書のよ…

続きを読む

1級単語クイズ①

1級単語クイズ次にあげる単語は、「英検1級 出る順パス単」からピックアップしたものです。語義と、例文を参考に、どんな意味なのか、考えてみましょう。すべて動詞です。1.(d ) = to hate with very strong feeling.ex. I (d ) people who deceive and tell lies.2. (f ) = to pretend to have or b…

続きを読む

英英辞典への招待⑦

英英辞典への招待⑤、⑥でもみてきましたが、英英辞典の有効性は、「類似している語の意味の違い」を明確に説明していることです。新しい単語を調べてみるのも面白いのですが、それよりも「意味が分かっているつもり」になっている言葉を、別の似ている(ようにはあまり感じない〉語とくらべてみると、案外楽しいものです。先ほど見てきた、ability と skill では、「能力」と「技術」なので、全く違う言葉のようで…

続きを読む

英英辞典への招待⑥

英英辞典への招待「能力」という言葉も引いてみましょう。the ability = the power to do things. 「力」ということばは、物事を成し遂げる力なんですね。the skill = practical knowledge and power; the ability to do something well.「技術」と訳されることの多い skill は、「実用的な知識」であ…

続きを読む

英英辞典への招待⑤

英英辞典への招待⑤英英辞典の良いところは、「訳語」ではなく、「意味」が解ることです。「訳語」は、状況によって変化します。ある言葉の使われる状況は、その文章の流れによって変化します。この状況、ということばも、英語で言えば、condition とか situation が考えられます。situation を手元の英英辞典で引くと、a position or condition at the momen…

続きを読む